乾燥肌 ニキビ

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ!?

乾燥肌でもニキビはできます

ニキビは脂性肌だけの肌トラブルではありません。皮脂の分泌が少ないといわれている乾燥肌でもニキビは出来てしまいます。特に、肌の保湿力が低下しはじめる20代からの大人に多いニキビで、大人ニキビの原因の一つでもあります。

 

脂性肌のニキビを皮脂ニキビといいますが、乾燥肌のニキビは、角質ニキビと言われています。なぜなら、乾燥により固くなった角質が毛穴を塞ぐことで毛穴の中に皮脂が溜まりニキビになるからです。

 

どれだけ肌が乾燥していて、皮脂の分泌量が脂性肌や普通肌より皮脂の分泌が少ないからといっても、まったく「ゼロ」というわけではありませんよね。

 

分泌の量は少ないかもしれませんが、毛穴の中から皮脂は分泌されています。本来なら、毛穴の外に出て肌のバリア機能をになっている皮脂ですが、角質によって毛穴が塞がれてしまうと、中に溜まりアクネ菌のエサに。その結果、炎症を伴う赤ニキビ、さらに悪化すると膿を持った黄ニキビになってしまいます。

 

また、乾燥肌は、肌のバリア機能が低下している状態で、外からの刺激や細菌の影響を受けやすいのも、ニキビの原因の一つだと考えられます。

 

乾燥肌のニキビを早く治すには?

乾燥肌ニキビを早く治すには、毛穴を防ぐ原因である角質を取り除き、肌をしっかりと保湿して、ターンオーバーを正常にしてあげることです。

 

まずは、固くなった古い角質を柔らかくして、毛穴の塞ぎを解消するためのスキンケアからはじめます。

 

乾燥肌は保湿が大事なので、つい化粧水や美容液ばかりを思い浮かべてしまいますよね。確かに化粧水で保湿をすることは大切です。

 

しかし、スキンケアの最初のステップであり、その後のスキンケアの効果を左右するのは『洗顔』が正しくできているかにかかってきます。

 

洗顔でしっかりと肌の汚れ、毛穴の汚れをとり清潔な状態にしてあげることで、その後の化粧水や美容液が肌の奥不覚まで浸透しやすい環境をつることで、効果を高めていくことができるのです。

 

乾燥肌ニキビの洗顔方法

乾燥肌の洗顔は、脂性肌の洗顔よりも優しく行うようにして下さい。基本は泡洗顔です。たっぷりの泡で軽くマッサージするようにして古い角質を優しく落としていきます。

 

洗顔後は30秒以内に、たっぷりの化粧水でしっかりと肌に潤いを与えてください。洗顔が終わってから化粧水までの時間が長くなればなるほど乾燥がすすみ肌に負担がかかるので注意してください。

 

洗顔料は、フォームタイプよりも汚れが落としやすい石鹸タイプがニキビには向いています。洗顔石鹸でもうるおい成分が含まれているものを選ぶと、乾燥肌でも安心して使うことができると思います。

 

ただし、洗顔石鹸であっても、ピーリングの機能がある石鹸は避けたほうがいいですね。角質を無理やり剥ぎ落とすため、肌に負担がかかり、より深刻な乾燥を引き起こす可能性があります。

 

脂性肌(オイリー肌)のニキビケア < 前ページ|次ページ > 混合肌のニキビケア

乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ!?関連ページ

脂性肌(オイリー肌)
脂性肌は、皮脂の分泌が多いため、最もニキビができやすい肌質といえます。また、ニキビはもちろん毛穴が開いたり、ニキビ跡による赤ら顔になりやすい肌質でもあります。早く治すためにも正しい脂性肌のニキビケアで、皮脂コントロールをしていきましょう。
混合肌(オイリードライ肌)
混合肌は皮脂が多いのにカサつきやすいため、ニキビができやすい肌質なんです。スキンケアでは皮脂コントロールと保湿がニキビケアの大切なポイントになります。肌の清潔を保ち、しっかりとうるおいを与えていきましょう。
普通肌(ノーマル肌)
普通肌はニキビが最も出来にくい肌質と言われていますが、油断は禁物です。ちょっとした環境の変化で出来るのがニキビです。普段から肌に優しい洗顔〜始まるスキンケアと、睡眠や食生活に気を配った生活を送るようにして下さいね。