脂性肌 ニキビケア

脂性肌(オイリー肌)のニキビケア

脂性肌(オイリー肌)は最もニキビができやすい肌質です

脂性肌(オイリー肌)には、皮脂の分泌も多いが、肌には水分もあるので潤ってはいるけれど、ベタつきやすい完全な脂性肌(オイリー肌)のことを言います。似ている肌質に、混合肌と言う肌がありまが、混合肌は、皮脂の分泌は多いのに水分が少なく潤いが不足しているため、肌の部分によってベタベタ・カサカサの両方のトラブルが起こりやすくなります。

 

脂性肌にできるニキビの原因は、皮脂の詰まりです。皮脂が過剰・余分に分泌されることで、毛穴や肌の表面に皮脂が溜まりやすくなります。そこに、皮脂を好む(栄養源とする)細菌がついてしまうと、肌が炎症・化膿を起こしニキビとなるのです。

 

脂性肌のニキビを早く治すには?

ニキビを早く治していくためには、余分な皮脂を取り除き、肌に必要な分だけ皮脂が分泌されるような肌作りをしていかなければなりません。

 

そのためには、体の外と内の両方からケアをしていく必要があります。

 

正しい洗顔方法で肌を清潔に!

脂性肌のスキンケアで気をつけなければならないのは、洗顔です。洗顔は、スキンケアで最もポイントとなるステップであるため、ここで間違ったケアをすると、その後の化粧水や乳液、美容液などのケアにも影響が出てきますので注意してください。

 

まずは、たっぷりの泡が立つ弱アルカリ性の洗顔料を選びましょう。ニキビケアにとって大切なのは、肌の汚れ・余分な皮脂を取り除いてあげることです。肌に優しいと言われる弱酸性の洗顔料では、汚れをちゃんと落とすことが出来ない場合があります。つまり、洗顔をしているのに、汚れが肌に付いたままなになってしまうということですね。これではニキビが治る可能性は低くなってしまいます。

 

一方、弱アルカリ性は、汚れを落とすチカラがあります。そのため、洗い上がりはキュッキュっと肌にツッパリを感じることがあると思いますが、弱アルカリ性になった肌は自分でちゃんと弱酸性にもどることができる力を本来は持っています。

 

洗顔をするときは、洗顔料をよく泡立てます。なぜなら、ニキビを治すためには泡洗顔で洗顔をするからです。泡洗顔とは、泡で肌を洗うことを言います。けっして、手でゴシゴシと肌をこするような洗顔をしてはいけません。そのような洗顔方法では、肌を傷つけてしまうばかりで、さらにニキビが出来やすい肌になってしまいます。

 

最初は、泡で洗うと、物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、これがニキビを治すには一番の洗顔です。泡で優しく毛穴の汚れ、肌の汚れを吸い取るように洗っていきましょう。

 

洗顔後は、洗顔料が肌のこらないようにしっかりとすすぎます。その後、清潔なタオルで抑えるように肌の水分を取ってください。洗顔後は、すぐに化粧水で保湿ケアをして下さい。

 

ホルモンバランスを整える

ニキビの原因である皮脂の分泌は、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。そして、ホルモンバランスの乱れは、生活習慣やストレスと深く関係しています。

  • 夜更かしをしたり、眠りが浅いなど、睡眠不足気味ではありませんか?
  • 強いストレスを抱えていませんか?
  • 食生活は乱れていませんか?野菜をたっぷり食べていますか?
  • 便秘気味ではありませんか?

ホルモンのバランスの崩れは原因外一つではないため、とても奥が深いのですが、健康であるための生活習慣を送っていれば、崩れる可能性はグーンと低くなります。『体の健康=肌の健康』だと思って、改善できるところから改善していきましょう。

 

また、規則正しい生活を送っているつもりでも、体の変化によりホルモンバランスに影響を受けることがあります。

 

小学校の高学年から高校生にかけて10代の頃にニキビができやすくなりますよね。『思春期ニキビ』とも言われる10代のニキビですが、このニキビも成長に伴うホルモンバランスが主な原因です。また、更年期の女性もホルモンバランスが乱れてくるため、肌質が脂性肌や混合肌になりやすく、ニキビができやすい肌質になるようです。

 

このような場合でも、規則正しい生活と正しい洗顔をはじめとするスキンケアを行っていれば、ニキビを早く治したり、ニキビの繰り返しを予防する可能性が高くなります。諦めて何もしないでいると、赤ら顔やクレーター肌など、ニキビ跡となるので気をつけてください。

 

ニキビ原因のポイント

 

皮脂の取りすぎには注意!

 

脂性肌(オイリー肌)の人は、つい皮脂を採りすぎてしまう傾向があります。皮脂は取れば取るだけ、その分をカバーしようとして分泌されるのをご存知ですか?

 

例えば、油とり紙。暇があれば油とり紙で皮脂を取ってしまう方も少なくありません。確かに、ベタベタ肌は見た目も、感触も気になりますよね。でも、取りすぎには注意が必要です。

 

どうしても気になるなら、油とり紙ではなく、ティッシュで軽く抑える程度で止めておきましょう。


次ページ > 乾燥肌のニキビケア

脂性肌(オイリー肌)のニキビケア関連ページ

混合肌(オイリードライ肌)
混合肌は皮脂が多いのにカサつきやすいため、ニキビができやすい肌質なんです。スキンケアでは皮脂コントロールと保湿がニキビケアの大切なポイントになります。肌の清潔を保ち、しっかりとうるおいを与えていきましょう。
乾燥肌(ドライ肌)
乾燥肌なのにニキビができるのは古い角質が原因です。乾燥肌のニキビには、うるおいいの泡洗顔とたっぷり保湿で肌を柔らかくして、ターンオーバーを改善させるケアが必要です。
普通肌(ノーマル肌)
普通肌はニキビが最も出来にくい肌質と言われていますが、油断は禁物です。ちょっとした環境の変化で出来るのがニキビです。普段から肌に優しい洗顔〜始まるスキンケアと、睡眠や食生活に気を配った生活を送るようにして下さいね。