睡眠不足 ニキビ

睡眠不足はニキビ肌の原因に!

十分な睡眠でニキビの出来ない肌を目指す!

ニキビを早く治すためには、睡眠をたっぷりととることが必要です。

 

睡眠は、脳に休息を与えることです。脳が休息をとると、起きているときに脳に使われているエネルギーが、体の回復・再生のためのホルモン分泌のエネルギーとして使われます。

 

体が回復・再生されるということは肌もその一部に入るため、十分な睡眠をとると、肌も回復・再生されます。つまり、新陳代謝/ターンオーバーを促すことができるのです。

 

ターンオーバーは、ニキビケアにとって必要不可欠な体のメカニズムです。なぜなら、皮膚の最前線で肌を守り続けている表皮が生まれ変わることで、私たちの肌の健康が保たれているからです。

睡眠不足になると?

もしも、睡眠不足で素肌のターンオーバーが正常に行われなければ、本来は剥がれ落ちるはずの古い角質が肌に残り、重なり合いながら厚くなってしまいます。

 

厚くなった角質は毛穴の開口部を塞ぎ、皮脂を毛穴の中にためる原因となるのです。

 

溜まった皮脂が、肌の常在菌であるアクネ菌に見つかると、たちまちアクネ菌の餌となり増殖。

 

その結果、毛穴の中で炎症を起こした、ニキビができてしいます。

 

そうならないためにも、肌のターンオーバーがスムーズに行われるように、十分な睡眠時間をとるようにしていきましょう。必要とされる睡眠時間ですが、11歳〜17歳の場合8.5時間〜9.25時間月用です。また、成人の場合は7時間〜9時間ほど、最低でも6時間は必要なのだそうです。

 

成人になるにつれて、仕事などの関係で睡眠時間が短くなってしまいますが、できるだけ必要な睡眠時間を取れるように心がけたいですね。

正常な肌のターンオーバーとは?

肌のターンオーバーは、10代〜20代で28日が正常な周期と言われています。28日という周期は、肌の細胞が誕生して細胞分裂を繰り返しながら垢として剥がれ落ちるまでの時間です。

 

つまり、肌の細胞の寿命ということですね。そして、細胞は毎日誕生して28日の周期を繰り返しています。ただし、30代、40代、50代と年齢を重ねるにつれターンオーバーの周期は長くなります。

 

年齢によって周期が伸びてしまうのは仕方ありませんが、ニキビを早くお直し、繰り返さないためには、正常なターンオーバーの周期を乱さないようにしなければなりません。質の高い睡眠は、その役割を担っているのです。

 

質の高い睡眠でターンオーバーを促進

睡眠は、入眠後にノンレム睡眠(深い眠り)に入り、

その後とレム睡眠(浅い眠り)へ移ります。

 

この2種類の眠りを約90分〜100分周期で4サイクル〜5サイクルほど繰り返し、覚醒して朝に目覚めます。

 

このノンレム睡眠とレム睡眠の繰り返しのうち、成長ホルモンが多く分泌されるのが、2サイクルと言われています。

 

つまり、時間にすると180分〜200分。眠り始めの約3時間ですね。

 

私たちの体は、眠っているときに体の回復・再生を行うのですが、この時に成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンこそが、肌の回復・再生にも大きく働きかけているといわれてい、その成長ホルモンが最も分泌されるのは、入眠してから最初のノンレム睡眠(深い眠り)なのです。

 

つまり、お布団に入って、スムーズに眠りについて最初の3時間の眠りの質を高が高ければ、お肌にとって良い睡眠と言えます。

美肌作りのゴールデンタイムがある!

24時間のうち、肌の新陳代謝/ターンオーバーが最も活発になる時間帯があるのをご存知でしょうか。それは、22時〜2時の4時間と言われています。

 

なぜ、この時間帯に肌のターンオーバーが活発になるのでしょうか?それは、肌の回復・再生を促すための成長ホルモンが、最も分泌される時間帯と言われているからです。

 

そのため、22時〜2時の時間に睡眠をとれば、お肌のターンオーバーを促し、ニキビはもちろん、肌荒れなどの肌トラブルを起こしにくい肌に育てることができるのです。

 

とはいっても、現代社会において毎日22時に寝るのは無理な場合が多いです。ただ、睡眠不足がトラブル肌の原因と言うことは間違いありません。また、睡眠は肌はもちろん体にとっても大切な時間です。

 

例えば『24時前には寝る!』『今日は無理だけど明日は早く寝る!』など、あなたのライフスタイルに合わせてルールを決め、できるだけ睡眠時間を確保するように心がけてくださいね。

 

 

ニキビ原因のポイント

 

睡眠不足は、ニキビ肌・肌荒れなど肌トラブルの原因の一つというのは明らかなので、できるだけ睡眠を取るようにして下さい。

 

特に、ニキビを治すためには、成長ホルモンの分泌が増える22時〜2時を入れて、7時間〜9時間ほど十分な睡眠を取るのが理想的です。

 

無理な場合は、自分なりのルールを決めて、最低でも6時間以上の睡眠をとるように心がけると、肌の代謝/ターンオーバーへの影響が少なくてすむそうです。

 


ストレスとニキビ < 前ページ|次ページ > ニキビを治す質の高い睡眠

睡眠不足はニキビ肌の原因に!関連ページ

眠りのゴールデンタイムとニキビ
眠りのゴールデンタイムに上質な睡眠をとることは、ニキビを治すために欠かせません。眠りのゴールデンタイムとは?上質な眠りとは?睡眠とニキビの関係について調べました。
質の高い睡眠
ニキビを早く治す方法。繰り返すニキビを早く治すために、原因から予防・対策まで紹介しています。