ニキビ ビタミン

ニキビを治す食べ物−ビタミン

ニキビに働きかける栄養を積極的に摂りいれる!

ニキビを治すため、ニキビが出来ない肌にするためには、食べ物から摂る栄養が必要不可欠です。
特に、ビタミン・ミネラルはニキビの予防・解消に効果があると言われ、積極的に取り入れていきたい栄養素です。

 

ビタミンを含む食べ物で免疫・代謝をアップ!

 

ビタミンは、炭水化物・脂質・タンパク質の三大栄養素を体内で調整する役割があります。

 

免疫力を高めたり、代謝にかかわるなど、私たちの体の機能を正常に保つために欠かすことの出来ない栄養素です。

 

ビタミンはその働きによって13種類に分類されますが、その中でも肌作り・ニキビに効果があると言われているのが、ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンC・ビタミンEの5種類とされています。

 

ビタミンは体内で生成されないため、食事から取り入れていかなければなりません。しかし、一言でビタミンと言ってもその種類葉とても多いため、1つの食品から全てのビタミンを摂ることができません。

 

そのため、たくさんの食材から少しずつ必要なビタミンを取り入れていくのが理想的であり、そのためにはバランスの良い食事を心がけていくことが必要になります。

 

ニキビに良いビタミン群

ビタミンA

ビタミンAの働きと作用

 皮膚や鼻・喉などの粘膜を正常・丈夫、新陳代謝をアップさせる
 免疫力をつけてくれるので、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を防ぐ

ビタミンAを含む食べ物
動物性のビタミンA

 豚レバー/鶏レバー  うなぎ  卵(卵黄)
 牛乳/チーズ/バター  アン肝(アンコウの肝) など・・・

植物のビタミンA(β−カロテン)

 ニンジン  トマト  カボチャ  春菊
 ホウレンソウ など・・・

 

ビタミンB2

ビタミンB2の働きと作用

 皮脂の代謝の促進、脂肪の分解の働きがあるため脂性肌を改善できる
 健康な肌を作り、ニキビの予防・改善をサポート

ビタミンB2を含む食べ物

 どじょう  豚レバー/牛レバー  干しのり  卵 
 脱脂粉乳  アーモンド 納豆 
 アボガド など・・・

 

ビタミンB6

ビタミンB6の働きと作用

 脂肪を分解する働きがあるため、余分な皮脂が原因のニキビに良い
 免疫力を強めてくれる。葉酸と一緒にとると効果がアップします

ビタミンB6を含む食べ物

 牛レバー  マグロ  ピスタチオ  ニンニク 
 唐辛子  酒かす など・・・

 

ビタミンC

ビタミンCの働きと作用

 ストレスに良く、ホルモンバランス・自律神経のバランスをサポート
 皮脂の分泌を抑え、肌の炎症を抑制してくれる働きがあります
 コラーゲンの生成をサポート。美肌・美白作用に効果抜群の栄養素
 免疫力を助けるのでアクネ菌の対策に!

ビタミンCを含む食べ物

 レモンなどの柑橘類  ピーマン  アセロラ  キウイ 
 パパイヤ  パセリ など・・・

 

ビタミンE

ビタミンEの働きと作用

 強い高酸化作用で、若さを保つ・体や肌の老化防止に!
 ニキビ改善に役立つ女性ホルモンの分泌に関係しています
 ビタミンAやビタミンCと一緒に摂取するとより効果的です

ビタミンEを含む食べ物

 あんこうの肝   いくら  たらこ   かぼちゃ 
 唐辛子   アーモンド など・・・

 

ニキビ原因のポイント

 

数あるビタミンの中でも特に積極的に取り入れたい5種類のビタミンたち。
それぞれ単品で摂るのもいいですが、ビタミンEは他のビタミンと相互作用をもっているなど、
バランスよくそれぞれを摂るのが理想的ですね。
ビタミンは、体内で作られないので、食事で取り入れるようにしてください。
サプリメントでとる方法もありますが、過剰摂取にならないように気をつけることが大切です。


ニキビを治す質の高い睡眠 < 前ページ|次ページ > ニキビとミネラル

ニキビを治す食べ物−ビタミン関連ページ

亜鉛とニキビ
亜鉛は、人間にとって欠かすことができないミネラルの一つです。女性のキレイを保つ役割を持つ亜鉛は、不足すると新陳代謝が乱れたり、若々しさを保つことができなくなるため、ニキビなど肌荒れを引き起こします。
ニキビを治す食べ物|ミネラル
ミネラル不足はニキビを作る原因に!ニキビを治すのはもちろん、私たちの生命を維持するためにも必要なのがミネラルです。積極的に食べ物から摂りいれるようにしていきましょう。