黄ニキビ かさぶた

黄ニキビのかさぶたは取っていいの?

ニキビのかさぶたを剥がすのは絶対にダメ!

肌に何らかの力が加わりニキビが潰れてしまうと、ニキビの部分がかさぶたになってしまうことがあります。

 

 

肌にかさぶたができるのは、ニキビが炎症や化膿で傷ついた部分を保護したり、外部より細菌が侵入してくるのを防ぎ、傷口が早く治るようにする役割があるからです。

 

 

つまり、あなたのニキビがあったところにかさぶたが出来ているということは、体の中でその傷口を治そうとする力(自然治癒力)が働きかけている状態になります。

 

 

かさぶたの下では、新しい皮膚が形成されている途中なのに、かさぶたを無理に剥がすということは、皮膚が新しく作られるのを邪魔するのと同じこと。さらに重い炎症を引き起こすこともあるのです。

 

 

かさぶたが出来るとどうしても気になるし、つい剥がしてしまいたくなる衝動にかられてしまうかもしれませんが、ニキビの後にかさぶたが出来たら、絶対に無理に剥がさないようにしましょう。

 

 

何度も「かさぶたが出きる」「かさぶたを剥がす」という行為を繰り返していると、ニキビ痕となって濃い色素沈着を起したり、肌の表面がクレーターのような凸凹肌にになる可能性が非常に高くなります。将来の自分の肌のためにも「ニキビのかさぶたは絶対に剥がさない、触らない」ようにしてください。

 

ニキビのかさぶたを早く治すには?

ニキビのカサブタを早く治すには、とにかく触らないことです。これは、ニキビのカサブタだけではなく、炎症している赤ニキビや化膿している黄ニキビにも共通している重要なポイントになります。

 

 

>>炎症している赤ニキビを早く治すには?

 

>>化膿している黄ニキビをキレイに治すために守ってほしいこと!

 

 

 

顔は常に外部に触れる環境にあるため、顔を洗っているときや寝ているときなど、「取るつもりは無かった」のに取れてしまったということもあるかもしれませんが、必要以上に手で触れ足りしないように気をつけて、傷口に細菌が入らないように気をつけてくださいね。

 

 

また、スキンケアでしっかりと肌のターンオーバーがスムーズに行われるようにサポートしてあげることで、かさぶたを早く治すことができます。肌の代謝がスムーズになれば、古い角質が剥がれ落ちて新しい角質が表面に上がってくるので、ニキビやかさぶたの治りがよくなるのです。

 

 

そのために必要なのが肌に負担をかけない洗顔と、肌のうるおい不足を解消するスキンケアです。

 

 

この2つのポイントは、ニキビのかさぶたを早く治すのだけでなく、ニキビ痕やニキビを早く治す&予防するためにも効果的なので、ぜひ普段から、意識してスキンケアに取り入れるようにしてください。

 

>>ニキビを治すための洗顔方法

 

>>自宅で出来るニキビを治すスキンケア

 

 

 

緊急事態!かさぶたを剥がしたら出血してしまった!

本当なら、自然に治るのを待っていなければならないニキビのかさぶたですが、どうしても気になってしまい、無理に剥がしてしまった結果、傷口から出血してしまった・・・ということはありませんか?

 

 

化膿したニキビがカサブタになると、半透明の黄色いかさぶた(膿が固まった状態)になりますが、出血を伴ったかさぶたは赤黒いかさぶたになるため、顔の表面で赤黒いブツブツが非常に目立つことになります。

 

 

この場合でも、とにかく自然にかさぶたが剥がれ落ちるのを待ちましょう。とにかくジッと待ってください。早ければ数日で自然と剥がれ落ちます。

 

 

大切なのは、かさぶたが剥がれ落ちた後のケアです。ニキビのカサブタを剥がして、出血させてしまっているので、肌は強いダメージを受けている状態です。

 

 

子供のころに、膝などに擦り傷や切り傷を思いだしてください。かさぶたを無理矢理剥がした部分って、傷痕がのこっていませんでしたか?皮膚がツッパルような傷跡だったり、シミができたり・・・。

 

 

出血した後のニキビのカサブタも、この傷と同じように痕になってしまいます。

 

 

色素沈着のニキビ跡なら、ビタミンCを取り入れたスキンケアで肌のタ−ンオーバーを促しシミを消していくこともできますが、

 

 

 

 

ニキビのかさぶたの原因は、ニキビの中に溜まっている膿です。つまり、黄ニキビにならなければ、ニキビのかさぶたは作られないということになります。

 

 

黄ニキビのかさぶたは取っていいの?関連ページ

ニキビは遺伝するって本当?
ニキビが出来るのは遺伝なのでしょか。もし、ニキビが遺伝であれば、ツルツル肌は諦めなければならないのでしょうか。