自宅 ニキビ スキンケア

自宅で出来るニキビを治すスキンケア

自宅でニキビケアをするときのポイント

 

セルフケアでニキビを治していくためには、汚れを落とす・肌を潤して保湿する・肌の潤いを保護するという基本のスキンケがしっかり行われているということがポイントになります。

 

 

しかし、ニキビが出きてしまっているということは、このスキンケアのどこかにズレが生じているということになります。

 

 

その中でも、特に大きな原因となっているスキンケアのズレが「間違った洗顔方法」です。

 

 

本来、洗顔の役割は肌の汚れを落として清潔な状態にすることです。また、スキンケアの最初のステップであり、その後の保湿ケアを十分に行えるようにするための基礎になるのも洗顔です。

 

 

つまり、洗顔はニキビを治すスキンケアの土台となっている部分なのです。

 

 

洗顔のやり方を間違ってしまうと、毛穴の中に詰まった汚れや過剰に分泌されている皮脂が邪魔をして、十分に保湿したつもりでも本当に潤いを必要としている肌の内部まで潤いが浸透していきません。

 

 

同じよう、美容液やパックなどで多くの有効成分や効果的な美容成分を与えようとしても、肌の内部まで成分が届かないのです。

 

 

ニキビを治す洗顔のポイント

ニキビを治すために知っておくべき、正しい洗顔のポイントを紹介します。

 

洗顔石鹸で肌に負担をかけずに汚れを落とす!

ニキビを早く治すためには、肌に負担をかけないように汚れを落としていかなければなりません。洗顔石鹸は、鉱物油由来の洗浄成分と比べて肌への負担が少なく、皮脂や老廃物を落とすことが出きる洗顔ができます。

 

>>ニキビを治すための洗顔石鹸とは?

 

汚れを落とすのは泡です!

洗顔の役割は毛穴・肌の汚れを落とすことです。そのために必要なのが、洗顔石鹸の泡です。なぜなら、肌や毛穴の汚れは泡で落とすからです。
また、肌を擦る摩擦を軽減するためには、キメが細かくて弾力のある泡が欠かせませんので、泡立てネットでしっかりと泡を作ってから洗顔をしてください。

 

泡洗顔で肌に負担をかけない

泡洗顔は、肌に負担の少ない洗顔方法です。肌を撫でるようにクルクルと指の腹で円を描きながら泡で肌の汚れを落としていきます。肌にかかる負担を軽減するためにも、洗顔中に粟が潰れることが無いよう、弾力のある泡を造れる洗顔石鹸を使うようにして下さい。

 

すすぎはぬるま湯でゆっくりと

すすぎは、30℃程度のぬるま湯で行います。熱いお湯は肌に負担がかかり、乾燥の原因にもなります。

 

 

洗顔料の泡は、肌に残らないように注意して下さい。ゴシゴシと肌をこするのはNGです。“優しく落とす”が基本です。特に、髪の生え際やフェイスラインは泡が残りやすい部分です。ぬるま湯で、すすぎの腰が無いように、しっかりとすすぐようにしてください。

 

清潔なタオルで優しく水分を拭き取る

洗顔が終わったら、清潔なタオルで優しく水分を拭き取ってください。顔にタオルを乗せて抑えながら水分を吸い取らせるようにすればOKです。特に、炎症している赤ニキビや化膿している黄ニキビ、かさぶたがあるときは肌をこすらないように注意してください。

 

洗顔の回数は1日朝晩2回で十分

ニキビができると『清潔第一』と思い込み、1日に何度も洗顔をしたくなりますよね。でも、洗顔のやりすぎは肌の乾燥の原因になり、ニキビが出来やすい肌を作ります。基本的に、朝と夜の2回行えば十分です。

 

 

ニキビを治す保湿・保護のポイント

化粧水で保湿!お肌を潤いで満たしましょう

肌の乾燥はニキビの原因になります。特に、20代以降に出来る大人ニキビは肌の乾燥が主な原因になっています。洗顔後は30秒以内に化粧水でお肌に潤いを与えるようにして下さい。

 

特に、季節の変わり目や空気が乾燥している時期は、肌から水分が蒸発しやすくなります。化粧水を重ね付けするなど、しっかりと保湿できるようしてください。

 

乳液で保護・つけすぎには注意!

ニキビができると、どうしても乳液をつけるのを敬遠しがちですが、乳液には肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

 

化粧水で肌に潤いを与えた後は、潤いを守っていくために乳液で肌の表面を保護して保水をして下さい。薄く延ばすように付けるとベタベタ感を軽減することもができます。

 

ニキビ肌のスキンケアは正しい洗顔方法で効果的にト!

ニキビ原因のポイント

 

自宅で行うニキビのスキンケアは洗顔が基本です。洗顔といっても、ただ洗顔料でゴシゴシ洗うのは肌に負担をかけるだけなのでやめましょう。

 

 

洗顔は泡で優しく、すすぎはぬるま湯で!洗い上がりは清潔タオルで優しく水分をとってあげるのがニキビ肌の洗顔のポイントです。

 

 

そのため、洗顔で使用する洗顔料は、泡立ちが良く汚れをしっかり落とせる物を選ぶ必要があります。同時に、うるおいを保つ成分が入っていれば、その後のスキンケアもスムーズにできます。

 

 

正しい洗顔ができれば、化粧水・乳液・美容液などスキンケアの効果も違ってきます。まずは、洗顔でしっかりとニキビケア・毛穴ケアをしていきましょう!

 

 

当サイトの人気記事

ニキビ肌用洗顔石鹸
当サイトで人気の洗顔石鹸をランキングで紹介しています。
ニキビケアの基本となる洗顔を効果的に行える洗顔料のランキングですので、
洗顔料選びの参考にお役立てください。

>>詳細はこちら

自宅で出来るニキビを治すスキンケア関連ページ

ニキビの原因
何度も繰り返すニキビを早く治すには、ニキビの原因・仕組みを知ることが大切です。正しいスキンケアをするために、どのような仕組みでニキビが出来るのかを解説していきます。
ニキビ肌のスキンケア方法
ニキビケアの正しい方法・基本を知れば、あなたのニキビもスンナリと消すことが出来ます。ポイントは洗う・うるおす・鎮めるの3つ!なぜ、この3つのポイントがニキビを治すために必要なのか、詳しく解説していますのでご覧下さい。
ニキビ肌の洗顔方法
ニキビを治すための洗顔方法を詳しく紹介しています。洗うコツ、洗顔料の選び方など、今のあなたの洗顔方法との違いは何か、チェックしてみませんか?
ニキビ肌用洗顔石鹸の選び方
ニキビを早く治すためには、ニキビが治ることを考えて作られている洗顔石鹸で洗顔を行うことが大切です。肌の汚れを吸着する。皮脂の分泌を抑える。炎症を沈める。潤いを逃さない。あなたが今使っている洗顔料は、本当にニキビを治すための洗顔料ですか?