ニキビを治すために必要なこと

ニキビを治すために必要なケアとは?

ニキビを治すにはスキンケアと生活習慣の見直しが必要!

ニキビ 早く治す方法

ニキビの原因は、肌にとって余分な皮脂や古い角質などの
老廃物が毛穴に詰まってアクネ菌が増殖していくことです。

 

ニキビを早く治すには、余分な皮脂と古い角質が
肌の表面に残らないように洗顔でキレイに汚れを落として、
毛穴に角栓が詰まらないようすることがポイントになります。

 

それと同時に、生活習慣を見直して「ニキビを繰り返さない」
「ニキビが出来にくい」肌質へ変えていきましょう。

 

どういうことかというと「余分な皮脂を出さない」「老廃物が貯まらない」
肌質に変えていくということですね。

 

スキンケアと生活習慣の連携プレーでニキビ肌からすんなり脱出!

肌の表面にある皮脂や汚れは生活習慣の改善が必要と言われますが、
これには食べ物、運動、睡眠・休養、たばこ、お酒などいろいろなものが含まれています。

 

この中から、ニキビの原因となっているものはないか突き詰めて、
それを改善していくことで、体の内側からニキビができにくい肌を目指していきます。

 

例)睡眠不足とニキビの関係

肌は、夜寝ている時にターンオーバーを行って生まれ変わります。

 

そのため、睡眠不足でターンオーバーが乱れると肌の環境が悪化し、
皮脂の分泌が増えたり古い角質が肌に残りやすくなるのです。

 

ただ、いつ眠ってもよいというわけではありません。

 

睡眠には「お肌のゴールデンタイム」「シンデレラタイム」と呼ばれる時間帯があり、
この時間帯を目安に上質な睡眠をとることが、望ましいといされています。

 

その時間帯とは、PM10:00〜AM2:00ごろです。

 

なぜなら、この時間帯が一日の中で一番も成長ホルモンが分泌されるため、
お肌の若返りに大切な肌細胞のターンオーバーが活発になるからです。

 

ちなみに、睡眠時間はそれぞれのライフスタイルで変わってくると思うのですが、
一般的に肌の健康を保つためには6時間〜8時間程度の睡眠が必要と言われています。

 

しかし、実際は仕事や夜のお付き合いで寝る時間が遅くなってしまうことも多く、
現代社会の生活において毎日「お肌のゴールデンタイム」に寝て、
6時間〜8時間の睡眠をとるのは、ちょっと厳しいかもしれません。

 

確かに理想とするのは、22時〜24時の間にお布団に入り
6時間〜8時間後に起きるような睡眠をとるのがよいのですが、

 

無理な時は自分なりに
「休みの日は早く寝て、たっぷり睡眠をとる。」
「今日は早く帰ってきたから早く寝よう!」
「昨日は夜更かししたから今日は絶対早く寝る。」
などルールを決めて上手に睡眠時間をとるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

睡眠以外にも生活習慣は、食事、運動、嗜好品など
いろいろな要素が絡み合っています。

 

まずは、自分ができることから少しずつ改善していきましょう。

 

それと同時に、洗顔を中心としたスキンケアで
外側からしっかりとお肌の状態をコントロールすることも忘れないで下さいね。

 

ニキビ原因のポイント

 

健康なお肌は、健康な体から生まれます。生活習慣を見直して、
改善が必要な部分は自分のできる範囲から改善していきましょう!

 

それと同時に、ニキビケアのスキンケアも忘れずに行ってください。
ニキビを早く治すには体の内側と外側の連係プレーが必要不可欠ですね。